アトピー性皮膚炎にボディクリームは欠かせない理由とは?

アトピー性皮膚炎にボディークリームは肌本来の保湿機能を失う?

アトピー性皮膚炎は、保湿が大切
ただ、中には保湿するボディークリームを使い続けていると、本来持っている肌の機能が弱くなってしまうのではないかと心配する人もいます。

 

確かに、皮膚には、天然保湿因子(NMF)や細胞間脂質というものがあり、保湿クリーム・ボディークリームを使い続けると、本来、肌が持っている保湿機能が落ちることがあります

 

では、ボディークリームを使わずに、肌が自然に保湿機能を回復するかというと、なかなかそのように都合よくいきません。

 

その理由は、アトピー性皮膚炎は、天然保湿因子や細胞間脂質がそもそも健康な状態ではないからです。
※アトピー性皮膚炎は、本来の保湿機能が落ちることで起こる病気ではありません。

 

アトピー性皮膚炎を発症する主な要因
・遺伝(家族にアレルギー疾患がかかった人がいる)
・IgE抗体を作りやすい体質
・アトピー性皮膚炎以外に結膜炎、気管支喘息、などの既往歴がある
といった傾向にある方がアトピー性皮膚炎にかかりやすいとされています。

 

また、肌が本来持っている保湿機能を、皮膚科で治せるかというと、天然保湿因子や細胞脂質は、遺伝子情報が絡むため、簡単には治せません。

 

そのため、アトピー性皮膚炎は、肌を乾燥させないこと、現状より悪化させないことを優先するのが一般的です。
ボディークリーム等の保湿は、肌の乾燥を防ぎ、健康な肌を取り戻すまでの大事な手段です。

 

これは、皮膚科学会の標準治療ガイドラインにもスキンアの重要性が説かれているので、一読しておくと気づきも出てきますよ。

 

アトピー性皮膚炎はボディークリームを使う前の肌の清潔さは欠かせない

アトピー性皮膚炎で困るのは、悪化です。
この悪化の原因の1つが皮膚のキズ口から入る雑菌(ブドウ球菌等)です。

 

特に、寝ている間に掻いてしまうことはないでしょうか。
掻いてしまうと、そこからブドウ球菌を始めとする細菌が繁殖することがあります。

 

ただ、掻くことは簡単に避けられないこともありますよね。
だからこそ、細菌をそれ以上増やさない対策が必要です。

 

その対策が、洗浄です。
皮膚を掻いた後には、傷口ができています。

 

出来れば、この傷口は、洗浄すると痛いので、避けたくなります。
ただ、避けてしまうと、雑菌が付着したままになります。

 

これでは、洗浄の意味がありませんよね。
傷口といえども、ゴシゴトとはいかなくても、しっかり洗浄はおこなっておきましょう。

 

洗浄をおこなうことで、肌の雑菌が除去され、少なくとも、臭いを伴う浸出液が出るようなことはなくなるはずです。

 

ボディークリームを使う場合は、以下の順序です。

1.肌をしっかり洗浄する
2.ボディークリーム(保湿剤)を使う

 

また、肌を洗浄する時は、シャワーを使うと思いますが、アトピー石鹸の他にも、水の粒子で毛穴の汚れまでキレイに流してくれるシャワーヘッドもあります。

 

かなり便利に使えます。しかも、通常使っているシャワーヘッドを変えるだけ。
いつものシャワーが、全く異なる洗浄に変えてくれる優れものです。

 

アトピー用ボディークリームで蓋をする前には、しっかり洗浄しておく!
これが大切です。

 

>>アトピー性皮膚炎のおすすめのボディークリーム